コラーゲン本来の力を発揮|口コミで話題のアイクリームで目元すっきり|保湿効果で肌を守る

口コミで話題のアイクリームで目元すっきり|保湿効果で肌を守る

コラーゲン本来の力を発揮

2人のウーマン

生のまま加工

化粧品用のコラーゲンは、豚または鮭などの魚介類から抽出されています。豚にしても鮭にしても、加熱調理をすると色や風味が変化しますが、これらに含まれているコラーゲンもやはり、熱により変質します。それにより、コラーゲンが持っている保水力や弾力は低下します。しかし生のまま化粧品用に加工された生コラーゲンなら、変質はしていません。つまり生コラーゲンは、本来の力を発揮できるコラーゲンということです。具体的には、生コラーゲンの保水力や弾力は、加熱されたコラーゲンの5倍ほどとなっています。その分肌に与えた場合の効果も高く、具体的にはたるみが改善されたり、シワが目立ちにくくなったりするのです。そのため生コラーゲンの化粧品は、アンチエイジングケアに役立てられています。

安全性の高さ

従来は化粧品には、コラーゲンが加熱された状態で配合されることがほとんどでした。生肉や生魚には雑菌がついていることがあり、食べる場合には衛生面に気をつける必要があります。それと同じように、コラーゲンも生の状態だと、雑菌の影響を受けやすいのです。そのためコラーゲンは、安全のために加熱消毒されていたわけですが、現在ではフリーズドライ製法によって、冷凍してから不要な水分を雑菌と一緒に除去することが可能になっています。冷凍ですから、加熱と異なりコラーゲンが変質することはありませんし、それでいて雑菌はしっかりと除去されます。これにより生コラーゲンの安全性が確立され、昨今では多くの化粧品に配合されるようになっているのです。